生産ライン最適化

繊維の節約

反対方向から繊維を通すことで2重の効果を生むMultiFeed Card feederの2本の送り込みを用いることで、前後方向の高い均質性が実現されます。ベルト計量器により、左右方向の送り込みの正確性が保証されます。ニードリングの後に両方向で均一な重量になっているのは、クロスラッパーの送り込みの部分に据えつけられたCV1システムを用いたことに起因します。ProfiLine CV1システムは、ニードリングの工程に続いて、極端に偏った部分を補正します。高いウェブの均一性は結果として繊維の節約につながります。

流量最適化

ラップドラフターのVSTは、クロスラッパーの後のウェブの塊を減らし、ある程度、ウェブの中の繊維の方向を設定し直します。VSTを使うことでカーディングの能力が増大します。

繊維の方向の再設定

プレニードリングの後、VEドラフターが位置し、さらに均整のとれた伸長割合が実現されるよう、繊維の方向を左右方向に変えます。

面積当たりの重量制御

β線、またはX線を使った、面積当たりの重量を自動的に非接触で測定する手法は、品質管理の領域では、今や芸術的な段階に達しており、自動的なプロセス制御には重要です。