歴史

1996年のスピンバウの取得により、ステープルファイバー用一貫ラインの供給やエンジニアリングによるシナジー効果から、磐石な基盤を作ってきました。

今日では200以上の一貫ラインを導入しています。

 

 

2005年には、ベルギッシュグラートバハにあるTemafa MaschinenfabrikGmbHの経営権を取得し、繊維調製にとって重要な要素、すなわち、開維・混綿・計量・クリーニングの連携が強化されました。

2007年から、Diloはクロスラッパーを製品群に組み込み、機械設備範囲を拡張し、大成功を収め業界のリーダーシップを誇示しております。

精錬されたカードフィーダーはもはや外部からの供給ではありません。DiloグループはMultiFeedやVentoFeedというカードフィーダーを開発/完成させ、高水準に位置しています。