DiloMachines

グループ企業

Diloの稼働設備は、ドイツ・Heidelberg近くのEberbachにあり、敷地面積は約60,000 m²、従業員約250名、クロスラッパーやニードル機のデザイン・製造を行っています。

歴史

Oskar Diloが、1902年にEberbachにDiloを設立。2代目Richard Diloがその革新を行い世界的にも一目置かれる企業として認められるまでに成長させました。現在3代目であり、不織布生産ラインの世界的なリーダーとなるまでに進歩しています。

沿革

高い意識、革新力、お客様を中心に置いた機械設備の全般的開発事業、紡績技術と、その最終製品までの応用が、長期にわたる提携関係の基礎となっております。

組織

DiloGroupのすべての会社と同様に、DiloMachinesは、お客様のご要望に、柔軟に素早く対応できるフラットな組織が特徴です。

 

図の拡大